全環境企業年金基金

標準

拡大

掛け金の仕組み

掛金は全額事業主が負担し、従業員の負担はありません。
企業年金の掛金は、税制上、全額損金となります。

掛金計算のもとになる「標準給与」(基金規約別表第3)は、国の標準報酬月額に1.2%を乗じて算出します。
「標準給与」は、毎年10月に改定し、これを一年間適用します。

掛金は、事業所ごとの「標準給与」の合計に、それぞれの掛金の率を乗じて算出します。

標準掛金 「標準給与」の合計×97.8% (将来の給付を賄うための掛金)
特別掛金 「標準給与」の合計×24.2% (厚生年金基金から引き継ぐ給付を保証するために不足する積立額を補うための掛金)
事務費掛金 「標準給与」の合計×18.5% (基金の事務運営に要する費用を賄うための掛金)

*それぞれの掛金ごとに算出して1円未満の端数は切り上げます。

(全環境企業年金基金掛金表)

top