全環境企業年金基金

標準

拡大

税金について

 当基金から受ける年金は、所得税法上は雑所得に該当しますが、「公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」の提出は認められていないため、各期の支払のつど、年金額に関わらず一律7.6575%の所得税が源泉徴収されます。

 当基金の年金も「公的年金等」の扱いとなり、確定申告をすることにより還付される場合がありますので必要に応じて確定申告を行ってください。確定申告に必要な「公的年金等の源泉徴収票」は基金委託先(三菱UFJ信託銀行)より「毎年1月下旬頃」に送付いたします。

税に関する詳細については、国税庁ホームページをご覧いただくか、最寄りの税務署にご相談ください。

top